外壁材は色々ある!それぞれの特徴について

外壁リフォームでは、色々な種類の外壁材が使用されます。ここでは、外壁リフォームでよく使われる外壁材を紹介し、それぞれの外壁材の特徴やメリットなどを解説します。外壁リフォームは松阪市を中心に、伊勢市・津市などのエリアにも対応する株式会社ミツイバウ・マテリアルにご相談ください。

外壁材の種類紹介

外壁材の種類には、ALCや金属サイディング、モルタルなどがあります。

ALC

通常のコンクリートよりも軽い軽量気泡コンクリートで、断熱性が高いことが特徴です。耐火性や耐久性にも優れており、非常に優秀な外壁材です。

金属サイディング

近年主流となっているのが耐久性に優れたガルバリウム鋼鈑で、凍害に強いことが特徴です。軽量であるため施工しやすく、メンテナンス性も優れています。

モルタル

塗りに使う材料や仕上げ方で色々な表現ができる外壁材です。モルタル外壁は昔の主流でしたが、現在は窯業系サイディングが主流になっています。

外壁材に求められること

外壁材に求められること

外壁材に求められることと言えば、品質・デザイン・価格でしょう。また、防火性・耐久性も重要なポイントであり、何を重視するかによって適切な外壁材は異なってきます。そのため、これらのバランスが優れている窯業系サイディングは、現在の外壁材の主流となっています。

窯業系サイディングのメリットは色々ありますが、施工がしやすく、工期を短縮できる点も人気の理由の一つです。また、(削除)窯業系サイディングは、断熱性と遮音性にも優れています。

株式会社ミツイバウ・マテリアルが取り扱っている外壁材の紹介

株式会社ミツイバウ・マテリアルが取り扱っている外壁材の紹介

松阪市にある株式会社ミツイバウ・マテリアルは色々な外壁材を取り扱っており、自社生産で外壁材を調達することが可能です。また、ガルバリウム製品を取り扱っており、ガルバリウム鋼板を使った外壁リフォームや屋根リフォームに定評があります。

倉庫などに使われる角波サイディングや、他社ではあまり取り扱っていない金属サイディングも取り扱っています。松阪市・津市・伊勢市でリフォームをご希望の方は、お気軽にご連絡ください。

外壁材の種類は様々であり、目的に合ったものを選ぶことが大切です。株式会社ミツイバウ・マテリアルは、外壁材を自社生産しており、色々な種類の外壁材を使って外壁リフォームをすることができます。外壁リフォームを松阪市や伊勢市などで相談するなら、ぜひ株式会社ミツイバウ・マテリアルまでお問い合わせください。

伊勢市の外壁リフォームなら株式会社ミツイバウ・マテリアル

会社名 株式会社 ミツイバウ・マテリアル
住所 〒515-0104 三重県松阪市高須町3460−125
電話番号 0598-51-3308
FAX番号 0598-51-3307
代表者 代表取締役社長 三井陽介
設立 昭和49年(1974年)11月19日
資本金 60,000,000円
従業員 47名(2018年6月)
売上高 26億8,900万(2018年3月)
会社保有資格 ISO14001
URL https://mitsuibau.com/

お問い合わせ

建材に関すること、その他事業に関すること、リフォームに関すること
その他弊社に関することなどお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ