外壁リフォームのタイミング・必要性とは?

外壁の美観や機能性を維持するためには、メンテナンスやリフォームを行うことが大切です。しかし、どのタイミングで依頼するべきかわからないという方もいらっしゃるでしょう。そこで、ここでは外壁リフォームをするタイミングや、雨漏りを修繕せずに放置するとどうなるかについてご紹介いたします。松阪市で外壁リフォームをお考えの際は、ぜひ株式会社ミツイバウ・マテリアルにご連絡ください。

外壁リフォームをするタイミング

外壁リフォームをするタイミング

外壁リフォームは一般的に10~15年毎に行うことがベストと言われています。しかし、外壁にひび割れが発生している時は、年数にかかわらず早めに工事をすることが望ましいです。

また、外壁の汚れが目立ってきた時も外壁リフォームをするタイミングであり、リフォーム後は外壁の汚れが気にならなくなります。新築後7年以上が経過し、その間は一度も点検を受けていない場合や雨漏りが発生している場合は、外壁リフォームをするタイミングであると言えます。

劣化状態を放置するとどうなる

劣化状態を放置するとどうなる

劣化状態を放置しても自然に改善することはなく、劣化状態をそのままにしておくとますます劣化が進行します。特に、雨漏りが発生している時は深刻な事態であり、雨漏りを放置しておくと建物の状態は著しく悪化します。

雨漏りの被害が住宅の構造材に及んでいる場合は、専門家に相談することが必要です。外壁の劣化が原因で雨漏りが発生する場合もありますので、松阪市で外壁の劣化に気づいた際は、お気軽に株式会社ミツイバウ・マテリアルにご相談ください。早めに相談することは、工事にかかる費用を抑えるポイントにもなります。

色選びの方法

外壁は住宅の面積の広い範囲を占めているため、外壁の色は家全体のイメージを決定づけます。また、外壁の色はそう簡単には変更できないため、色選びは慎重に行うことが必要です。白色は外壁塗装の定番の色であり、とても人気があります。家を広く見せるという色彩心理学の効果も得られ、おしゃれな印象を与えます。

白色の注意点として、経年によって汚れが目立ってくるようになりますので、定期的なメンテナンスが欠かせません。ベージュ系は落ち着いた印象を与え、黒色やグレー系はクールな印象を与えます。

外壁が劣化すると雨漏りが発生することもあり、外壁リフォームを行うことが必要です。松阪市の株式会社ミツイバウ・マテリアルでは、断熱性・耐久性に優れた金属サイディングの外壁リフォームや、防水工法の屋根リフォームなどを行っております。松阪市でリフォームを依頼する際は、ぜひ株式会社ミツイバウ・マテリアルにご相談ください。

松阪市で外壁リフォームを依頼するなら株式会社ミツイバウ・マテリアル

会社名 株式会社 ミツイバウ・マテリアル
住所 〒515-0104 三重県松阪市高須町3460−125
電話番号 0598-51-3308
FAX番号 0598-51-3307
代表者 代表取締役社長 三井陽介
設立 昭和49年(1974年)11月19日
資本金 60,000,000円
従業員 47名(2018年6月)
売上高 26億8,900万(2018年3月)
会社保有資格 ISO14001
URL https://mitsuibau.com/

お問い合わせ

建材に関すること、その他事業に関すること、リフォームに関すること
その他弊社に関することなどお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ