トピックス

2022.05.31 『脱炭素経営』の宣言について

SDGs

株式会社ミツイバウ・マテリアルは、2022年4月22日付にて株式会社百五銀行様のビジネスサポートの一環として、同行第一号の『脱炭素経営』を宣言致しました。

 

—————————————————————————————————–

宣言内容

当社は、自社の事業活動で生じた温室効果ガス排出量を把握・記録しております。

カーボンニュートラル社会実現に寄与するため、事業活動で生じる温室効果ガス排出量を削減する方針・計画を策定し、

具体的な取り組みを実践し、脱炭素経営を行うことを宣言します。


 

同サポートは、百五銀行様による排出量算定状況や取り組み状況の確認、削減目標・シミュレーション策定支援、および脱炭素経営宣言書の作成やWebページでのPRなど、脱炭素経営の遂行に関する支援サービスです。

参考

脱炭素支援業務 | 百五銀行

2022.04.27 日本格付研究所(JCR)様の広報誌に弊社のSDGsへの取り組みが掲載されました

SDGs

日本格付研究所(JCR)様の発行する広報誌『JCR Sustainable』にて、ミツイバウ・マテリアルのSDGsへの取り組みを取り上げて頂きました。

百五銀行様とのポジティブ・インパクト・ファイナンス締結にあたり、弊社の事例が掲載されています。

 

是非一度ご覧ください。

 

日本格付研究所 様  https://www.jcr.co.jp/

2022.03.18 『みえグリーンボンド』について

SDGs

ミツイバウ・マテリアルはこの度、三重県の発行する『グリーンボンド』に投資致しました。

 

グリーンボンドとは、企業や地方公共団体等が環境改善効果のある事業や環境保全のための事業等(グリーンプロジェクト)に要する資金を調達するために発行する債券を指します。

 

グリーンボンド(「みえグリーンボンド」)の発行にあたり、三重県は充当事業などを盛り込んだ発行の枠組み(「みえグリーンボンドフレームワーク」)を策定し、第三者機関である株式会社格付投資情報センター(R&I)より、外部評価を取得しています。

 

本資金は、主に『みえグリーンボンドフレームワーク』における「温室効果ガスの排出削減・吸収源対策」または「気候変動の影響の軽減対策」に対して充当されます。
これにより、ミツイバウ・マテリアルとして持続可能な開発目標に対し実質的に寄与できると考え、投資を決定致しました。

 

 

詳細はこちら
東海地方初の「みえグリーンボンド」の発行条件を決定しました

2022.03.15 『夕刊三重』に弊社の記事が掲載されました

メディア掲載

夕刊三重新聞社様にて、ミツイバウ・マテリアルの『健康優良法人2022 ブライト500』認定についての記事を掲載して頂きました。

 

ミツイバウ・マテリアルは、これからも皆様のご期待に沿えるべく、さらに研鑽に励むよう努めて参ります。

2022.03.14 『健康経営優良法人2022 ブライト500』認定法人に選定されました

SDGs

経済産業省による“健康経営に取り組む優良法人を可視化する「健康経営優良法人認定制度」”として、

来年度の「健康経営優良法人2022 ブライト500」にミツイバウ・マテリアルが認定されました。

 

全国の中小企業の上位500社のみが認定され、2022年度はミツイバウ・マテリアルが松阪市で唯一の認定となりました。

ミツイバウ・マテリアルでは、従業員の健康を主軸として、長く安心して働ける職場作りを目指した取り組みを続けてまいりました。

弊社の取り組みを高く評価して頂きましたこと、大変喜ばしく思っております。

今後もより働きやすい環境を整備すべく尽力して参りたいと思います。

 

健康経営優良法人(ブライト500)についてはこちら

お問い合わせ

建材に関すること、その他事業に関すること、リフォームに関すること
その他弊社に関することなどお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ